システムメンテナンスのお知らせ

日頃はLIXILホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。

現在、システムメンテナンスのため、ホームページのFAQサービスがご利用頂けません。

お客さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

  • No : 4932
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:38
  • 更新日時 : 2019/08/21 17:12
  • 印刷

玄関ドアの鍵の抜き差しがしづらい。対処方法を教えてください。

 

原因としては汚れや変形または破損が考えられます。以下の手順で対処ください。
 
■準備するもの
 
file_image
file_image
 
※鍵穴スプレー以外の潤滑油などを使うと細かいチリや埃が鍵の内部に付着し、かえって動作不良の原因となりますので使用しないでください。
 
対処
方法
原因 対処方法
汚れの付着

鍵や鍵穴の汚れやホコリをブラシや掃除機で取り除いてください。

※特にディンプルキーなどは、穴のくぼみにホコリ・汚れがたまることがあります。


 
滑り不足

鍵穴スプレー(錠前専用潤滑剤)をお使いください。カギの差込みをスムーズにするための専用潤滑剤です。パウダー状なので油やホコリが付着しにくくなります。鍵穴スプレーがお手元にない無い場合は【対処方法3】をお試しください。
 

 
※鍵穴スプレー(錠前専用潤滑剤)は「LIXILパーツショップ_鍵穴スプレー」で販売しています。
 

1.鍵の切り込み部を鉛筆の黒芯でなぞるように黒く塗り、その鍵を鍵穴に挿入して数回抜き差ししてください。鍵の抜き差しがスムーズになります。一度でスムーズにならない場合は同じ方法を繰り返してください。

2.鍵の抜き差しがスムーズになりましたら、鍵に付着している黒い粉を布などで拭き取ってください。付着したまま使用されますと、衣類などを汚す場合があります。
 
 
鍵の変形
現在の鍵の使用を中止し、スペアキーをお使いになるか、別途スペアキーをご用意ください。

スペアキーは、インターネット「LIXILパーツショップ 合鍵(スペアキー)製作ページ」で直接ご注文いただけます。
 
鍵穴(シリンダー)の破損

スペアーキーでも抜き差しがスムーズでない場合は、シリンダーの破損が考えられます。

シリンダーは「LIXILパーツショップ_シリンダー」でご購入いただけます(LIXIL・TOSTEMブランドのみ)。
 
 
※ご自身でのシリンダー交換が無理な場合や上記対処で改善しない場合は、お買い求めの取扱い店、または下記 「LIXIL修理受付センター」に修理をご依頼ください。
---------------------------------------------------------
・インターネットでの修理のお申し込み
 file_image  file_image

お電話での修理のお申し込み
---------------------------------------------------------
 

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム(一般のお客さま向け)
  • 電話での問い合わせ(一般のお客さま向け)