• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 11226
  • 公開日時 : 2018/09/20 13:26
  • 更新日時 : 2020/06/01 16:24

ユニットバス(浴室)の浴槽下排水口の清掃方法を教えてください。《e-bathBX》《レフィノ》《プレシオ》《PCX》《ソレオ》《リノビオ》

浴槽下の排水口の清掃方法は、機種により異なります。
下記選択肢より該当の製品を選択してください。
※スパージュ(2014年~)の場合、取付構造上エプロンの隙間から浴槽裏側へ水が流れ込むのを防いでいます。浴槽下排水口の掃除の必要はありません。
プレシオ(販売期間:2005年~2011年) 

 

 浴槽下排水口の清掃方法 【プレシオ(販売期間:2005年~2011年)】
 
ストレーナー仕様目皿仕様のタイプがあります。

 

 
 
 

 <ストレーナー仕様の場合> 

①浴槽エプロンを取外します。エプロンの下中央を持ち、軽く押し上げながら手前に引き出します。
 
file_image
 
②防水パンに取り付いているキャップを取り外します。
 
file_image
 
③ガイドひもをたどり、ストレーナーの柄を持って目皿からストレーナーを外してください。
 
file_image
 
④ストレーナーについたゴミ、髪の毛等を取り除きます。ストレーナー自体が汚れている場合は、歯ブラシ等でお掃除してください。
※ストレーナーを外した状態で浴槽下に水を流したり、 取り除いたゴミ等を直接排水口に流したりしないでください。排水管の詰まりの原因となります。
 
⑤ガイドひもをエプロンの面に対し、垂直になるように引きながら図のように指先でストレーナーをカチッと音がするまではめ込んでください。
※ストレーナー取付後は柄を軽く引っ張り、しっかりと取り付いていることを確認してください。しっかりと取り付いていない場合、使用中にストレーナーが外れゴミ等をキャッチできなくなります。
※ガイドひもを強く引っ張らないでください。部品が破損する恐れがあります。
 
file_image
     file_image
 
⑥浴槽エプロンを取付けます。エプロン上部を差し込み、両端部を壁に取り付けられている縦桶等に当ててそのまま上方へすべらせます。エプロン下端を床堤防部に乗せ、エプロン下端のツメを引っ掛けて固定します。
※エプロンが収まりにくい場合は、浴槽を少し持ち上げるようにして収めてください。
 
file_image
 
 
 
 

 <目皿仕様の場合> 

①浴槽エプロンを取外します。エプロンの下中央を持ち、軽く押し上げながら手前に引き出します。
 
file_image
 
②排水パイプ周りのアミ目に詰まった髪の毛、ゴミ等を歯ブラシ等でかき出して取り除きます。
 
file_image
 
③ゴミ等の詰まりが著しくひどい場合、排水パイプを目皿から取り外します。目皿を図の方向に回転させて取り外します。お掃除後、逆の手順で取り付けます。
※取り除いたゴミ等は直接流さないでください。排水管の詰まりの原因となります。
 
file_image
 
④浴槽エプロンを取付けます。エプロン上部を差し込み、両端部を壁に取り付けられている縦桶等に当ててそのまま上方へすべらせます。エプロン下端を床堤防部に乗せ、エプロン下端のツメを引っ掛けて固定します。
※エプロンが収まりにくい場合は、浴槽を少し持ち上げるようにして収めてください。
 
file_image
 

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム