• No : 4934
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:38
  • 更新日時 : 2019/10/18 14:39
  • 印刷

引戸の鍵が掛かりづらく(回りにくく)なりました。調整・対応方法を教えてください。

 

扉を開けることができる場合扉を開けることができない場合で対応が異なります。以下を参照ください。

【扉を開けることができる場合】

さらに次のことをご確認ください。



 
確認項目 考えられる原因 解決方法
①室内側、室外側とも正常に回りますか(鍵をかけられる)? ストライク受けの位置がずれている。 ストライク受けの位置を調整してください。

詳しい解決方法はトラブル診断ページ「鍵がかかりりにくい」をご確認ください。
②室外側からは回らない(回りにくい)が、室内側からは回りますか(かかる)? シリンダー(鍵穴)自体に問題がある

※扉を開けたままでスペアーキーを使って、廻るか、廻らないかをご確認ください。
●スペアキーで廻る場合
鍵自体の変形、または汚れの付着がある可能性があります。

●スエパーキーで廻らない場合
シリンダー(鍵穴)のメンテナンスをしてください。

詳しい解決方法はトラブル診断ページ「鍵のメンテナンス方法が知りたい」をご確認ください。
③室外側からも、室内側からも回らない(回りにくい) 錠(ドアの中の部分)に問題がある。 錠の交換が必要です。
錠は「LIXILパーツショップ 玄関引き戸 錠」から直接ご購入いただけます。



 
【扉を開けることができない場合】
 
考えられる原因 解決方法
鍵に不具合がおきている。 鍵を解錠するには専門技術が必要となるため、扉を開けること(住宅に侵入すること)が不可能な場合、当社では鍵の交換や調整などの対応ができません。ロックメーカーや、日本ロックセキュリティー協同組合加盟の鍵専門店、カギの110番・カギの救急車などに直接ご連絡いただき、鍵の解錠をご依頼願います。

日本ロックセキュリティー
協同組合の加盟店
http://www.jalose.org/
kameiten/area.html

カギの110番
http://www.kagi1109948.com/
 
※ご不明な点があれば、「LIXIL お客さま相談センター」にお問い合わせください。