• No : 5629
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:41
  • 更新日時 : 2020/07/08 10:07
  • 印刷

「ナノ親水」とはどのような性能の基準ですか。

 

親水性とは水を掛けたときに水をはじかずに表面に広がる性能のことを言います。
外壁材表面にいつも薄い水膜が形成されていることにより汚れが付きにくく、また雨水で 落ちやすくなることで美しい状態を長持ちさせる効果があります。


「ナノ親水」は、LIXIL独自の防汚性能測定検査による汚れにくさを示す基準であり、LIXILの外装壁タイルに採用しています。
1ナノメートル(nm)=100万分の1ミリメートルの水膜を形成し超親水性を発揮させます。