• No : 5894
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:43
  • 更新日時 : 2020/07/07 09:29
  • 印刷

【凍結防止方法】水栓金具の凍結防止方法を教えてください。

 

気温、室温が0℃以下になる場合は、凍結防止を行ってください。
配管や水栓が凍結破損し、漏水のため家財に損害を与える恐れがあります。
 

『一般的な凍結防止方法』
  ① 暖房などにより室温が0℃以下にならないようにする。
      (屋外設置の場合、保温材を巻くことも効果があります。)
  ② 水栓から水を少量(毎分200ml:1分間に牛乳ビン1本程度)流しっ放しにする。
  ③ 配管 ・ 水栓金具内の水を抜く。水抜き方法は機種により異なります。
       詳しくは
取扱説明書をご確認ください。