• No : 5921
  • 公開日時 : 2015/01/29 10:00
  • 更新日時 : 2020/07/08 15:54
  • 印刷

壁付の手洗器・洗面器・流し・洗髪器・小便器・タンク・大便器・トイレ手洗キャビネットの壁裏補強方法(乾式工法の補強用構造用合板の厚み等)を教えてください。

 

●洗面器などを壁に取り付ける際は、バックハンガー部やビス固定部の木ねじが抜けないように、壁裏に十分な補強をしてください。
補強が不十分な場合は洗面器などに荷重がかかった際に、器具ががたついたり落下することがありますので、リンク先のサイトの「陶器製品設置時の壁補強(乾式工法)」及び「トイレ手洗キャビネット設置時の壁補強(乾式工法)」を目安に構造用合板で補強してください。
ただし、補強板はねじの抜け力を確保するためのものであり、壁自体の強度を確保するためのものではありませんのでご注意ください。