• No : 7224
  • 公開日時 : 2014/11/26 17:00
  • 更新日時 : 2021/03/08 16:58
  • 印刷

玄関ドア・引戸の網入りガラスが地震や物が当たったりしていないのに割れた。原因を教えてください。

 

窓にはめ込まれたガラスが太陽光があたることにより、その熱で割れることがあります。
これを「熱割れ」と呼び、以下のようなメカニズムで発生します。

窓ガラスに直射光を受けると、照射された部分は吸熱のため高温となり膨張します。
一方、周辺のサッシにのみ込まれた部分や、影の部分はあまり温度上昇せず、低温のままとなります。この低温部は高温部の熱膨張を拘束し、結果としてガラス周辺部に引張応力が発生します。この熱応力は被照射部と周辺部との温度差、すなわち板内温度差に比例し、ガラスのエッジ強度をこえる引張応力が発生すると熱割れとなります。

この現象はガラスの特性として、不可抗力的に発生します。

ガラスにひび割れが発生したら、すみやかに、ガラス交換を行ってください。
ガラス交換は、商品をご購入された業者さまにご相談ください。


 
【熱割れの防止】
  • 室内側に熱だまりができ、ガラスが高温となるような部位への取り付けは避けてください。
  • 冷暖房の吹き出し空気や熱を直接ガラスに当てたり、強い照明を当てたりしないでください。
  • ガラス面に紙やフィルムを貼ったり、ペンキを塗ったりしないでください。その部分の日射吸収率が極端に大きくなります。
  • 室内側にカーテンやブラインド、その他の遮蔽物を密着させないでください。
  • 網入り板ガラスは、金属網がガラスに封入されているため、切断時にガラスの切り口にキズが付きやすく、許容応力が一般の板ガラスの半分程度になっているため、熱割れがより起こりやすくなります。