• No : 7284
  • 公開日時 : 2014/11/26 17:01
  • 更新日時 : 2021/12/09 10:22
  • 印刷

窓(サッシ)のクレセント(鍵)がかからない。対処方法を教えてください。

 

クレセント(鍵)には、空がけ防止機能付きのものがあります。障子をしっかり閉めて再度お試しください。
かからない場合は、クレセント位置がずれている可能性がありますので、クレセント錠本体と受けの部分の調整をお願いいたします。
 
下記より窓の種類をお選びいただき、調整方法をご確認ください。
 
 
※TWシリーズは、表示ラベルに商品名の記載があります。以下をご確認ください。
 
【商品名の確認方法】
 
 
 
【クレセント位置の調整方法】
 
①引違い窓の場合
ドライバーで調整ねじを緩めると、クレセント錠本体は上下に、受けの部分は左右に動きます。
かかりやすい位置に合わせ、ねじをしっかり締めてください。

 
 
※動画でもご覧いただけます。
 

②TWシリーズ引違い窓
ドライバーで調整ねじを緩めると、クレセント錠本体は上下に、受けの部分は左右に動きます。
かかりやすい位置に合わせ、ねじをしっかり締めてください。
 
・引違い窓(2枚建て)の場合
 
 
・引違い窓(4枚建て)の場合
※4枚建ての場合、クレセント錠受けの調整にはクレセント錠本体の取外しが必要です。
 
  
 

③上げ下げ窓の場合
ドライバーで調整ネジを緩めると、クレセント錠本体は、左右・奥手前に動きます。
かかりやすい位置に合わせ、ねじをしっかり締めてください。

 


※上記と異なるタイプのものは、お手元の取扱説明書をご確認いただくか、お客さま相談センターにお問い合わせください。