• No : 7298
  • 公開日時 : 2014/11/26 17:01
  • 更新日時 : 2021/02/22 11:22
  • 印刷

窓(サッシ)が錆びてきた。対処方法を教えてください。

 

アルミは、一般的に腐食に強い金属と思われがちですが腐食します。
腐食の原因はいろいろありますが、アルミの特性にあります。金属アルミニュウム自体は、イオン化しやすい金属です。通常ではアルマイトという酸化皮膜で覆われているので安定していますが、表面にホコリなどが沈殿堆積した状態で水が入り込みますと、局部電池ができ、腐食して溶け出します。

腐食の状況が一番顕著に現れるのが、ガス腐食です。給湯器の排気ガスがサッシに直接かかるところで発生します。燃焼ガス成分の硫黄酸化物、窒素酸化物が雨水と反応し、硫酸や硝酸となり、腐食や塗膜ハガレ・白化に発展します。(2~5年で発生します。)アルミサッシがボロボロになります。
普段の清掃が行き届いていると、腐食する確率はもっと少なくなります。



腐食した場合は、腐食部分が部品交換で対応できるか、お買い求めの工務店様または販売店様にご相談ください。
弊社修理をご希望の場合は、下記 「LIXIL修理受付センター」に修理をご依頼ください。

◆インターネットでの修理のお申し込み

※ビジネスのお客さまはお取引先を通じてご相談ください。

 
補修としてご自分でお手入れされる場合は、ダスキンのサイトを参考になさってください。
しっかり直したい場合は、補修業者のバーンリペアにご相談をお願いいたします。