システムメンテナンスのお知らせ

日頃はLIXILホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。

現在、システムメンテナンスのため、ホームページのFAQサービスがご利用頂けません。

お客さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

  • No : 5410
  • 更新日時 : 2014/10/20 16:40
  • 印刷

網戸がスムーズに動かず、すき間もできています。自分で直せますか。

 

 
網戸の左右両側にある戸車の高さが揃っていないと、網戸が傾いてすき間ができます。
ドライバー1本で直せるので是非やってみましょう。
 
この他、網戸がスムーズに動かない時の原因は、次のようなものがあります。
・戸車がレールから外れている
・レールや戸車にゴミが挟まっている
・はずれ止めが上のレールに擦れている
  (はずれ止めの高さを調整してください)
 
網戸の建付けの悪さはサッシ戸同様、戸車を調整することでほとんど解決できます

◆戸車の調整[引違いタイプの場合]
戸車の調整[引違いタイプの場合]
まず、網戸の「はずれ止め」をゆるめ(下の図を参照)上図のように調整ネジを回し、高さを調整します。網戸を上げたい場合は右(時計まわり)に、サッシを下げたい場合は左(反時計まわり)に回してください。
 
【ポイント】 調整レス戸車が付いた網戸の場合は、戸車の高さ調整は必要ありません。戸車がレールから外れていないことをご確認ください。
 
◆網戸はずれ止めの調整
網戸を調整した後、網戸脱落防止のため、必ず網戸わくの上部にある「網戸はずれ止め」を上げて固定してください。"

調整ネジを一度ゆるめ、「はずれ止め」を開閉に支障がない程度にいっぱいに上げ、ネジを締めてください。

網戸はずれ止めの調整
★引き違いタイプ以外の網戸のはずれ止めに関しては、貼付してある表示ラベル等でご確認ください。

※「はずれ止め」の説明は網戸上部に貼付してある表示ラベルにも書いてあるのでご参照ください。

表示ラベルの位置

ここに注意
・戸車の調整やお手入れなどのために網戸をはずした後、再び窓枠に取り付けた時は、表示ラベルに従って、必ず「はずれ止め」を調整してください。"

・戸車の調整やお手入れなどの際、網戸に寄りかかったり押したりしないでください。網が破れたり網戸が枠からはずれてケガをする恐れがあります。

・網戸は使っている間に「はずれ止め」がずれることがあるので、時々点検してください。「はずれ止め」部品が正しくかかっていないと、網戸が落下して人身事故や物損事故につながる恐れがあります。

※ご自分で調整が難しい場合は、無理せずお買い求めの工務店様にご相談、ご依頼ください。

 

 

今後のサイト作りの参考にさせていただきます。表示しているQ&Aはお役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • 商品カタログ
  • お問い合わせフォーム(一般のお客さま向け)