• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 17002
  • 公開日時 : 2021/01/06 13:07
  • 更新日時 : 2022/05/31 11:54
  • 印刷

玄関ドアの錠受け(ストライク)の調整方法を教えてください。

 

錠が錠受け(ストライク)に当たっているため、錠が掛かり難い場合は、以下の手順で調整を行ってください。

※鍵が回らない・回りにくい場合は、他の原因の可能性もあります。こちらのQ&A もご参照ください。

※ご自身での作業が難しい場合は、無理をせずお買い求めの取扱店 または LIXIL修理受付センター へご依頼ください。

 

ストライクとは以下の部品のことを指します。


※動画でも調整の手順をご確認いただけます。

 
 
<用意するもの>

<調整方法>
ストライクは一つのドアに2個以上ついている場合があります。全ての調整をお願いいたします。
以下の手順は一例です。形状が異なる場合があります。

手順①
上下2つのストライク取付ネジを少しだけゆるめてください。

<ご注意>

取付ネジは少しだけゆるめるだけで、外さないでください。戻せなくなります。

手順②

ストライクAを持って、鍵が掛かるように上下・左右に位置を調整します。

手順③

ストライクAで調整しきれない場合は、ストライクA・Bの両方動かしてください。

手順④

位置が決まりましたら、手順①でゆるめたネジを締めます。
※調整は、鍵を開け閉めして、しっかりと施錠・開錠できるか確認しながら進めてください。

手順⑤

調整できなかったり、調整しても問題が解決しない場合は、LIXIL修理受付センターへ ご依頼ください。
 

◆インターネットでの修理のお申し込み

※ビジネスのお客さまはお取引先を通じてご相談ください。

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム