システムメンテナンスのお知らせ

日頃はLIXILホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。

現在、システムメンテナンスのため、ホームページのFAQサービスがご利用頂けません。

お客さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

  • No : 4910
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:38
  • 更新日時 : 2019/05/27 15:18
  • 印刷

玄関ドアのセキュリティサムターンの使い方を教えてください。

 

下記をご確認ください。「①就寝・在宅の場合」と「②外出の場合」の使用方法を記載しております。
 
【セキュリティサムターンの使用目的】
一時期「ピッキング」という侵入方法が横行しましたが、鍵の性能が高まり、減少しました。
次いで増えてきたのがガラスを破り、または治具を差込み、室内側のサムターン(ツマミ)を回して侵入する「サムターン」回しという侵入方法です。
 
その侵入方法に対抗する目的でつくりだされたのが「セキュリティサムターン」です。ツマミを外してしまえば、外からは開けられないという発想です。
 
 
<ポイント>
・ツマミは鍵の形状をしていますが、抜けるだけの構造です。
・抜いたツマミは、玄関付近や一定の場所に保管されることをおすすめします。
 
①就寝・在宅の場合
1. 右(右吊の場合)に回し、施錠します。
 
2. 下のボタンを押したまま、ツマミを引き抜きます。
file_image
 
②外出の場合
 
1. 下のボタンを押したまま、ツマミを横にして差し込みます。
file_image
 
2. 左(右吊の場合)に回して解錠状態にします。
file_image
 
3. 下のボタンを押したまま、ツマミを引き抜きます。
file_image
 
4. 外に出てドアを閉め、上下の鍵を施錠してください。

file_image
 
※エントリーシステム用サムターンも上記の使い方と同じです。
ツマミの取り外しは、ボタンを押しながら行ってください。
 
 
※サムターンにはいくつか種類(形状)がありますが、使い方は同じです。
 
 
 

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム(一般のお客さま向け)
  • 電話での問い合わせ(一般のお客さま向け)