• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4935
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:38
  • 更新日時 : 2020/07/01 21:44
  • 印刷

ドアのラッチ錠が掛かりづらくなりました。受け側の調整方法を教えてください。

 

 
<用意するもの>
file_image

ドアのラッチ錠がかかりづらい場合は、ストライクの取付けネジを緩め、ストライクの位置を調整してください。

調整後は確実にネジをしめてください。

 

以下は一例です。ドアにより構造や形状が異なる場合があります。
 

file_image
ストライク取付けネジを全部外さないでください。トロヨケ(ストライクの内側についている箱状の金物)が脱落し、取付けられなくなります。
※商品によって装備されているものが異なります。
例)1 例)2
file_image  
①ストライク取付けネジをゆるめ、ストライクA(表板)を動かして調整してください。(図-1)室外側に3㎜、室内側に1.5㎜動きます。
②ストライクAで調整しきれない場合は、ストライクA・B(表板+裏板)ごと動かして調整してください。(図-2)さらに室外側へ2㎜動きます。(合計5㎜動きます)
 
  file_image

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム