• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 5030
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:38
  • 更新日時 : 2021/09/19 11:56
  • 印刷

防火地域・準防火地域・22条指定区域で設置できるカーポートや自転車置き場の屋根材はありますか。

 

建築確認申請に必要な書類は、ご用意が出来ます。但しカーポートの設置に関しては、地域により解釈が異なる場合があります。また、建築基準法や告示が変更になる場合もあるため、設置前に所轄の建築主事にご確認ください。

また屋根材は設置条件により使用制限がございますので、以下の表をご確認ください。
また、カーポートや自転車置き場にはさまざまな設置条件があります。「建築基準法対応商品」カタログをご参照ください。

屋根材の認定番号等が知りたい場合は、「LIXILカーポート確認申請帳票」より入手可能です。ダウンロードしてご利用ください。
 
 
 
【防火性能に関する屋根材使用制限(床面積150㎡以下)】
カーポート 延焼のおそれのある部分 延焼のおそれのある部分以外
床面積30㎡以下の場合 床面積30㎡を超える場合 床面積150㎡以下の場合
アルミ樹脂複合板、アルミニウム合金、熱線遮断FRP板(DR-***)
スチール折板 *1
22条区域のみ可
22条区域のみ可
22条区域のみ可
ポリカーボネート板(DW-***)
*1  対象商品 スタイルコートL
   ・Gルーフポイントルーフタイプは防火性能を必要とする場所には設置できません。
   ・スタイルコートLの場合、ポリカーボネート板は内装制限により使用できません。
 
自転車車庫 延焼のおそれのある部分 延焼のおそれのある部分以外
床面積30㎡以下の場合 床面積30㎡を超える場合 床面積150㎡以下の場合
アルミ樹脂複合板、アルミニウム合金、熱線遮断FRP板(DR-***)
ポリカーボネート板(DW-***)

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム