• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 5168
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:39
  • 更新日時 : 2020/07/08 08:37
  • 印刷

キッチン 食器洗い乾燥機の洗浄や乾燥の効きが悪い。対処方法を教えてください。

 

「洗い上がり」や、「乾燥仕上がり」が悪い場合の対処方法は下記をご確認ください。



 
【洗い上がりが悪い場合】

●食器のセットが悪い
・ボウル等の大きな食器を上かごの下にセットすると、上かごにセットした食器に洗浄水が十分当たらずに洗浄が悪くなります。
・食器を外側に向けてセットすると洗浄が悪くなります。内側に向けてセットしてください。
・洗浄ノズルの回転を妨げないようセットしてください。


悪いセット例


●残菜フィルターが汚れている
・残菜フィルターが目詰りしていると洗い上がりが悪くなります。毎回清掃してください。




●汚れがひどい
油汚れがひどい場合は、汚れが通常より残りやすくなります。専用洗剤を多めに使用してください。


※回転ノズルが目詰まりしている場合も、洗い上がりが悪くなりますので、清掃が必要です。
清掃方法は、取扱説明書をご確認ください。


 
【乾燥仕上がりが悪い場合】

●糸底部の残水
・食器の底部に水滴が若干残ることがありますが、異常ではありません。


※食器の入れかたや形状によっては、水滴が残ることがあります。この場合は、乾燥時間の延長をおすすめします。


●「乾燥」コースで運転して乾きが悪い
・食器の材質(プラスチック・木製など)、手洗いした水の温度、食器を入れた時の水切り具合、室温が低いなどで乾きが悪い場合があります。食器の水をしっかり切る、または再度「乾燥」コースで運転してください。
 
※尚、パナソニックの食器洗い乾燥機についてお困りのことがある場合には、パナソニックの食器洗い乾燥機のQ&A にも詳しい案内が載っておりますので、あわせて御覧ください。

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム