• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 5342
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:40
  • 更新日時 : 2019/10/01 18:41
  • 印刷

複層ガラスにおいて、ガラスの表面に虹のような縞模様が見えるのはなぜですか。

 

「干渉縞」と呼ばれる現象です。

◆干渉縞

右図のO点から複層ガラスに入射した光が、分割され、A、B別々のコースを反射・屈折をしながら進んだ後に再び出会って、光の干渉が起こります。
これが連続して起こることにより、ガラス表面に虹のような「干渉縞」が見えることがあります。
 
file_image

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム