システムメンテナンスのお知らせ

日頃はLIXILホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。

現在、システムメンテナンスのため、ホームページのFAQサービスがご利用頂けません。

お客さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

  • No : 5410
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:40
  • 更新日時 : 2019/09/25 13:31
  • 印刷

引違い窓(サッシ)の網戸にすき間ができています。自分で調整することはできますか?

 

網戸の左右両側にある戸車の高さが揃っていないと、網戸が傾いてすき間ができます。
ドライバー1本で直せるので是非やってみましょう。
 
 
<ご注意!>
・戸車の調整やお手入れなどのために網戸をはずした後、再び窓枠に取り付けた時は、表示ラベルに従って、必ず「はずれ止め」を調整してください。

・戸車の調整やお手入れなどの際、網戸に寄りかかったり押したりしないでください。網が破れたり網戸が枠からはずれてケガをする恐れがあります。

・網戸は使っている間に「はずれ止め」がずれることがあるので、時々点検してください。「はずれ止め」部品が正しくかかっていないと、網戸が落下して人身事故や物損事故につながる恐れがあります。


・網戸が落下すると大変危険です。作業は十分に注意して行ってください。

※ご自分で調整が難しい場合は、無理せずお買い求めの工務店様にご相談・ご依頼ください。
 
※動画でも確認できます。ご覧ください。
 

file_image

【網戸 戸車 調整方法】

1.網戸はずれ止めの解除

(1)はずれ止めの調整ネジを左(反時計回り)に回し、ゆるめます。
(2)はずれ止めを下げます。
(3)操作ツマミをドライバーで引きだしてください。
 

file_image

 

2.戸車の調整
 

下図のように調整ネジを回し、高さを調整します。網戸を上げたい場合は右(時計まわり)に、網戸を下げたい場合は左(反時計まわり)に回してください。
 
※ 調整レス戸車が付いた網戸の場合は、戸車の高さ調整は必要ありません。戸車がレールから外れていないことをご確認ください。
 
 
 
3.網戸はずれ止めの調整
 
網戸を調整した後、網戸脱落防止のため、必ず網戸わくの上部にある「網戸はずれ止め」を上げて固定してください。
調整ネジを一度ゆるめ、「はずれ止め」を開閉に支障がない程度にいっぱいに上げ、ネジを締めてください。
 

file_image


※引き違いタイプ以外の網戸のはずれ止めに関しては、貼付してある表示ラベル等でご確認ください。

※「はずれ止め」の説明は網戸上部に貼付してある表示ラベルにも書いてあるのでご参照ください。
 

file_image

※代表的なタイプの網戸の外し方となります。該当しない場合は、お買い求めの工務店様または、LIXILお客様相談センターまでお問い合わせください。
 

※ご自身で調整が出来ない場合、また上記処置をしても直らない場合は、お買い求めの取扱い店、または下記 「LIXIL修理受付センター」に修理をご依頼ください。
---------------------------------------------------------
・インターネットでの修理のお申し込み
 file_image  file_image

お電話での修理のお申し込み
---------------------------------------------------------

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム(一般のお客さま向け)
  • 電話での問い合わせ(一般のお客さま向け)