• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 5580
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:41
  • 更新日時 : 2020/08/07 16:10
  • 印刷

風呂フタについた汚れ(カビ)のお手入れ方法を教えてください。

 

下記「週1回目安のお手入れ」「浴室用中性洗剤で落ちない汚れ(水アカ等)」「風呂フタ周辺のゴムに付いた黒カビ汚れ」のお手入れ方法をご確認ください。
 
週1回目安のお手入れ
 
<用意するもの>
 
①浴室用中性洗剤とスポンジで、細かい部分は、歯ブラシで洗います。
②洗剤が残らないように水で洗い流します。
 
【ワンポイント】
巻フタなど凸凹のあるフタの場合
 
<用意するもの>
ナイロンたわし付スポンジのスポンジ部分に、カッターで縦横1cm角の切れ込みを入れ、さいの目状にします。 切れ込みを入れた方を巻フタの凹凸に押しつけながら洗うと楽にお掃除できます。

また、さいの目に切ったスポンジは、浴室入り口のレールやサッシレールなどのお掃除にも利用できます。

※ナイロンたわしの面は使わないでください
 
 
浴室用中性洗剤で落ちない汚れ(水アカ等)の場合
 
<用意するもの>
 
 
①スポンジに浴室用クリームクレンザーを付けて、やさしくこすり落とします。
 
②洗剤が残らないように水で洗い流します。
 
風呂フタ周辺のゴムに付いた黒カビ汚れの場合
 
<用意するもの>
 
①よくしぼったスポンジにカビ取り剤を付けて、汚れ部分をやさしくこすります。
※ゴムに付いた黒いカビを落とすときにフタ表面をこすると、色落ちやキズが付くことがありますので、注意してください。
※ゴムの汚れは完全に取れない場合があります。
 
②洗剤が残らないように水で洗い流します。
 

「システムバスルーム  お手入れガイド」にも詳しく掃除方法が記載されています。ご参照ください。

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム