• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 6097
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:44
  • 更新日時 : 2021/01/06 15:32
  • 印刷

ユニットバス(風呂)のドアの閉まりが悪い。対処方法を教えてください。

 

【開き戸が閉まりにくい、閉めても開いてしまう場合】

ドア(開き戸)は止水性を確保するために、枠のパッキンに扉を押し付けて閉じる構造としています。パッキンには弾力性があり、扉を押し返すような反力が働くため、閉まりにくいと感じることがあります。またドアを閉めた時、ロック部に隙間(あそび)があると、しっかりと閉まらなかったり、ガタついたり音がすることがあります。

 


【閉めてもガタつく場合】

開き戸を閉めた時にストライクとラッチに隙間(あそび)があるとガタつくことがあります。



●ストライクプレートの調節方法
  1. 固定ねじ上下2ヶ所をゆるめ、戸先側縦枠中央部にあるストライクプレートを前後に動かし、ラッチのかかりを調節します。
    調節は、必ず手締めドライバーで行います。固定ねじはゆるめるだけにし、引き抜かないようにしてください。
    ※開閉不良・漏水の原因となる恐れがあります。


    ・とびらを閉めてもガタつく場合ストライクプレートの調節後、パ ッキンのあたりが強くなって、閉まりにくくなる可能性がありますので、閉まり具合に影響がないように調節してください。


    ・とびらを閉めても閉まりにくい、閉めても開いてしまう場合ストライクプレートの調節後、パ ッキンのあたりが弱くなって、漏水する可能性がありますので、あまりパッキンのあたりが弱くならにように調節してください。

     
  2. とびらの開閉を確認します

     
  3. 固定ねじを締めます

上記処置をしても直らない場合は、お買い求めの取扱店、または下記「LIXIL修理受付センター」 に修理をご依頼ください。
 

◆インターネットでの修理のお申し込み

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム