• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 6106
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:44
  • 更新日時 : 2020/12/18 10:08
  • 印刷

ユニットバスの換気乾燥暖房機から水滴が落ちてくる。対処方法を教えてください。

 

●冬場や湿気の多いときなどにフロントカバーから結露した水が落下することがありますが異常ではありません。外気温と室内条件によって結露した水が落下することがあります。
また、入浴剤などをご使用の場合は色のついた結露水になる場合があります。
● 天井換気扇の場合、入浴中は、換気運転を停止することをおすすめします。入浴中に換気運転をすると、フロントカバーから結露した水が落下することがあります。
● 天井換気扇(常時換気機能付タイプ)の場合、入浴後湯を落とすか、浴槽にふたをして換気扇を「強」運転し、湿気を排出してから常時換気運転「弱」を行ってください。
また、浴室・洗面室の湿気などを急速に排出したいときは「強」運転に切り換えることをおすすめします。結露・カビの発生を抑制して浴室保全に役立ちます。
なお、常時運転は住宅全体の換気のために必要です。できるだけ停止させないでください。
●換気乾燥暖房機の場合、入浴中の換気運転や24時間換気を一時停止してください。
また、入浴前に乾燥または暖房運転を行い、浴室内と暖房機本体を暖めておくこともおすすめします。
それでも頻繁に結露水が落下する場合は、暖房機本体内部に結露水が溜まっている可能性があります。2時間以上乾燥運転を行い、内部を乾燥させてください。

【注意】
・天井換気扇の場合、フロントカバーの裏側に結露水が溜まっていると「異常音・振動」の原因となります。こまめに結露水を除去してください。
詳しくは「こちらのQ&A」を参照ください。

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム