• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 6113
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:44
  • 更新日時 : 2020/07/09 11:52
  • 印刷

洗面台の鏡扉の閉まりが悪い・面がそろわない。対処方法を教えてください。

 

洗面台の鏡扉の閉まりが悪い、面がそろわない場合は、以下の2点をチェックしてみてください。
 
①ミラーキャビネットのマグネットキャッチの高さを確認してください。
②ミラーキャビネットが壁面にきちんと設置されているか確認してください。
 
それぞれの詳細を以下に示します。
 
チェック 内容


●用意するもの
file_image

●鏡扉のマグネットキャッチの調整方法

本体側にマグネットキャッチがあり、この部分の調節により解消できる場合があります。
扉の開閉をしながら少し大きめのマイナスドライバーで、以下の方法にて上下左右を調節してください。
file_image

・鏡扉の閉まりが悪い場合の調整方法

マグネットキャッチを左に回し、マグネットキャッチを手前に出します。
file_image

・鏡扉が出すぎている場合の調整方法
 
マグネットキャッチを右に回し、マグネットキャッチを奥に入れます。
file_image
ミラーキャビネット本体と壁の間にコード(電源プラグ付)が、カミ込んでいると、本体がひずんで扉の面がそろわなくなる場合があります。

<ご注意!>
コードがかみ込んでいると、扉のひずみだけではなく、発熱、発火の恐れがあります。必ずコードは取出口から出ている状態にしてください。取付け直しが必要になる場合もあります。
file_image

 

上記処置をしても直らない場合や取付け直しが必要な場合は、お買い求めの取扱い店、または下記 「LIXIL修理受付センター」に修理をご依頼ください。
---------------------------------------------------------
・インターネットでの修理のお申し込み
 file_image  file_image

お電話での修理のお申し込み
---------------------------------------------------------

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム