システムメンテナンスのお知らせ

日頃はLIXILホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。

現在、システムメンテナンスのため、ホームページのFAQサービスがご利用頂けません。

お客さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

  • No : 6124
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:44
  • 更新日時 : 2019/03/05 17:24
  • 印刷

洗面台のコンセントにプラグを差し込むのが固い。対処方法を教えてください。

 

コンセントプラグが差込みにくい、固いと感じるときは、以下の2点をチェックしてみてください。

ただし内部の接点部分は、安全上のため、ある程度の保持力を確保したものとなっております。 多少硬く感じる場合がありますが、使用上必要な強度ですので、そのままご使用お願い致します。

①コンセントプラグは左右いずれか片側から差し込んでいないか
②コンセントプラグの差し込み部の間隔が狭く(広く)なっていないか
それぞれの詳細を以下に示します。

<ご注意!>
・無理にコンセントプラグを押し込むと内部の部品が破壊する恐れがありますので、無理に押し込まないでください。

 
チェック 内容
ミラーキャビネットのコンセント(鏡扉内部の物を除く)は、安全上、シャッター 構造となっています。コンセントプラグを左右同時に挿入しないと、シャッターが開きません。コンセントプラグを斜めから差し込んだり、片側だけを先に挿入したりしないよう、左 右を真っ直ぐに差し込んでください。

file_image
 
※通常時、2枚のシャッターがプラグ差込口をふさいでいます。フラグを差し込むと、A・Bが  ← → 方向に動き、シャッターが → ← 方向に開いて、プラグの差込みができます。
 
file_imagefile_image
 
曲がったり、折れたりして痛んだプラグが安全上のシャッター構造に引っ掛 かると、シャッターが開かない場合があります。 また、間隔が狭いプラグを挿し込むと、シャッターが 十分に開くことができずに、挿入ができない場合もあり ます。その場合、無理に押し込むとシャッター構造が破 損する恐れがありますので、痛んだプラグは無理に 押し込まないでください。その際は新しいものに交換をしてください。

file_image

上記チェックで問題がない場合は、お買い求めの取扱い店、または下記 「LIXIL修理受付センター」にお問い合わせください。
---------------------------------------------------------
・インターネットでの修理のお申し込み
 file_image  file_image

お電話での修理のお申し込み
---------------------------------------------------------
 
 

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム(一般のお客さま向け)
  • 電話での問い合わせ(一般のお客さま向け)