• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 6231
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:44
  • 更新日時 : 2020/07/08 14:44
  • 印刷

水栓の吐水温度が安定しない。どうしたらよいでしょうか?

 

水栓のお湯を出したり止めたりすると、配管内に『サンドイッチ現象』が発生し、お湯が出たり水が出たりします。温度が安定するまでお湯を出し続けてから使用してください。
『サンドイッチ現象』については、添付ファイルをご確認ください。

 

また、特に夏場サーモ水栓を使用するときは、冬場に比べて水温が高くなるため、
サーモ水栓の温度・吐水量を冬場と同じ設定でお使いの場合、給湯器からの流量が冬場より少なくなります。
給湯器の運転に必要な流量よりも給湯器の流量が少なくなると、給湯器が着火しない(停止)状態が発生し、サーモ水栓から安定した温度のお湯が出なくなります。
これは給湯器の構造上生じるもので異常ではありません。
この場合、サーモ水栓の吐水量を多くしてください。

 
添付ファイル : 
6231-1-20160501.pdf

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム