• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 6245
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:45
  • 更新日時 : 2020/12/25 16:01
  • 印刷

洗面台のミラーキャビネット鏡扉の吊り金具(蝶番)が動きが悪い(グラグラする・壊れた)。対処方法を教えてください。

 

吊り金具(蝶番)は鏡の荷重を支える部品の為、破損すると鏡の落下の恐れがあり、お客様ご自身での対処はおすすめしておりません。
次の症状に該当する場合は、すみやかに下記LIXIL修理受付センターへ修理をご依頼ください。

【症状】
●蝶番から黒い汚れのような金属粉が落ちてきた
●蝶番付近のガタツキが大きくなった
●蝶番の動きが悪くなった(開閉が急に固くなった、急にゆるくなった)
●蝶番取り付け部付近が割れている
 
【蝶番(丁番)の取付位置】
※図は一例です。商品により構造は異なります。

修理のご依頼には、ミラーキャビネットの品番が必要です。
品番が分からない場合は「品番の調べ方」をご確認ください。

 

◆インターネットでの修理のお申し込み

 

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム