• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 6263
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:45
  • 更新日時 : 2020/07/07 15:58
  • 印刷

キッチン(システムキッチン)のキャビネット扉がずれてきたり、閉める力が軽く(重く)なった。対処方法を教えてください。

 

扉蝶番のねじを調節してください。症状によって調節する箇所が異なりますので下表をご覧ください。

●扉の症状
1.扉の先端が下がって(上がって)いる
2.扉の高さが上下にずれている
3.扉と側板のすき間が上下異なっている
4.扉の閉まる力が軽く(重く)なった

 

※扉および引出しの前板の調節方法は商品によって異なりますので、詳しくは取扱説明書をご覧ください。

 

●用意するもの

file_image


●蝶番の調節方法
file_image

症状 調節方法

 
扉の先端が下がって(上がって)いる場合

①扉の下方(上方)にある蝶番のCねじを約1回転ほど右へ回し、扉を閉めて確認します。
 
②正しい位置になるまで①を繰り返します。

file_image
2
扉の高さが上下にずれている場合

<ご注意!>
2枚扉(両開き)の場合で、片方の扉だけで調整できないときは、左右の扉を交互に調整してください。
 
①上下2つのAねじをゆるめます。
 
②ずれている扉の高さを合わせ、Aねじを締めます。

file_image
扉と側板のすき間が上下異なっている場合

①扉の上方のBねじを左へ回してゆるめ、扉を動かして前後の正しい位置にします。
 
②ずれている扉の高さを合わせ、Aねじを締めます。

file_image
扉の閉まる力が軽く(重く)なった場合

<ご注意!>
調整後、Aねじ・Bねじが固く締め付けられていることを確認してください。
 
・閉まる力を大きくする場合・・・Dねじを右へ回します。
 
・閉まる力を小さくする場合・・・Dねじを左へ回します。
 
 
上記処置をしても直らない場合は、お買い求めの取扱い店、または下記 「LIXIL修理受付センター」に修理をご依頼ください。

◆インターネットでの修理のお申し込み

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム