• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 6363
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:45
  • 印刷

キッチンの排水が悪くなりました。原因と対処方法を教えてください。

 

キッチンの排水口は、固形物などの異物が排水管に詰まって急に詰まることもあります。
また、長くご使用いただく間に油汚れなどが排水口や配管に蓄積し詰まりが起き、徐々に水はけが悪くなり、流れが遅くなってきます。

キッチンの排水口は幾つかの種類があります。ここでは代表的な3種類についてご案内させていただきます。

<用意するもの>

 

(1)ご自宅の排水口(トラップ)に該当するものを以下のA~Bの中から選び、以下手順でゴミや汚れを取り除いてください。

お掃除いただいても解決しない場合は、最下部の手順(2)~(3)をご確認ください。

A:ワン付排水口(ワン付トラップ)】特徴:ワン付ストレーナーがあります
対処方法はこちら

<ご注意>

ヌメリ取り剤などの固形または粉末の塩素系洗浄剤は使わないください。腐食や劣化の原因になります。

手順1.

ワン付ストレーナーを外し、排水トラップ内に溜まったゴミや汚れを取り除いてください。
台所用中性洗剤を使用してスポンジや洗浄ブラシなどで汚れを取り除いてください。
しつこい汚れの場合、スプレー式台所用漂白剤をかけ放置後、ぬめりがなくなるまで十分に水で洗い流してください。

手順2.

汚れを取り除いたらワン付ストレーナーを取り付けて、ゴミカゴ、排水カップをセットしてください。

手順3.

改善されない場合は、パイプ洗浄剤を使って、配管内の汚れを洗浄してください。
パイプ洗浄剤は固形のものは、使用しないでください。また発泡タイプが効果的です。
配管洗浄剤の残留がキッチンに悪影響を及ぼすことがあるので、使⽤後は薬剤が残らないように⼤量の⽔でよく洗い流してください。

 

B:浅型排水口(浅型トラップ)】特徴:シンク下にS字型のトラップがあります
対処方法はこちら

<ご注意>

ヌメリ取り剤などの固形または粉末の塩素系洗浄剤は使わないでください。腐食や劣化の原因になります。

手順1.

網かごを持ち上げ排水口まわりのゴミや汚れを取り除いてください。
また、目皿に溜まった汚れも除去してください。台所用中性洗剤を使用して歯ブラシやスポンジなどでお手入れしてください。

手順2.

トラップ本体にたまっている水(約210ml)を受けるために必ず「水受け」を用意してください。

手順3.

トラップ本体下部の点検キャップを外し、洗浄ブラシなどを使って汚れを取り除いてください。

手順4.

汚れを取り除いたら点検キャップを取り付けてください。
取り付け後に水を流し、点検キャップから水が漏れないことを確認してください。

手順5.

改善されない場合は、パイプ洗浄剤を使って、配管内の汚れを洗浄してください。
パイプ洗浄剤は固形のものは、使用しないでください。
また発泡タイプが効果的です。配管洗浄剤の残留がキッチンに悪影響を及ぼすことがあるので、使⽤後は薬剤が残らないように⼤量の⽔でよく洗い流してください。

 
C:てまなし排水口・くるりん排水口】特徴:細い筒状の封水筒があります
  
対処方法はこちら

<ご注意>

ヌメリ取り剤などの固形または粉末の塩素系洗浄剤は使わないでください。腐食や劣化の原因になります。


※フィン・封水筒・シャフト・排水トラップに汚れが蓄積すると、排水の流れが悪くなったり、フィンがうまく回転しなかったり、回転時に異音がすることがあります。

 

※砂や泥が排水トラップに流れ込むと、シャフトにかみ込んでフィンが回転しないことや、異音がすることがあります。

手順1.
水栓からの吐水を止めてください。

手順2.
上の絵を参考に各部品を取り外してください。

手順3.
封水筒・シャフトをスポンジと台所用洗剤で洗ってください。
洗いにくい部分は歯ブラシや綿棒を使うと便利です。
シャフトの底面に付着した砂鉄などの異物は乾いた布やティッシュでつまみ取るようにして取り除いてください。

手順4.
排水トラップを洗ってください。小型の柄付きブラシを使うと便利です。

手順5.
くるりん排水口はシャフトは外したまま、封水筒だけを元に戻してください。

手順6.
大きめの鍋いっぱいに水をため、排水口に一気に流してください。

手順7.
封水筒を外してください。

手順8.
各部品を元通り取り付けてください。

手順9.
改善されない場合は、パイプ洗浄剤を使って配管内の汚れを洗浄してください。

パイプ洗浄剤は固形のものは、使用しないでください。また発泡タイプが効果的です。
配管洗浄剤の残留がキッチンに悪影響を及ぼすことがあるので、使⽤後は薬剤が残らないように⼤量の⽔でよく洗い流してください。

(2)「ダブル(二重)トラップ」などの可能性があります。この場合、配管の点検が必要となります。
弊社での工事や点検は出来ませんので、工務店または水道工事業者などへご相談ください。
 

※ダブルトラップについては、「キッチン・バス工業会何でも相談Q&A」をご参照ください。

(3)上記を行っても改善しない場合は、油分などのキツイ汚れや異物が排⽔管内に詰まっている可能性があります。
配管洗浄を取り扱う専門業者へのご相談ください。
高圧洗浄を行う場合、排水管の種類や構造により排水パイプが破れる場合がありますので、十分ご注意ください。

 

※高圧洗浄については、「キッチン・バス工業会何でも相談Q&A」をご参照ください。

 

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム