システムメンテナンスのお知らせ

日頃はLIXILホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。

現在、システムメンテナンスのため、ホームページのFAQサービスがご利用頂けません。

お客さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

  • No : 6422
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:45
  • 更新日時 : 2019/05/13 09:22
  • 印刷

ポストのダイヤル錠が開きません。開け方を教えてください。

 

以下のような原因が考えられます。手順に従い対処ください。
正しい番号に合せていない、合わせ方が間違っている
もう一度正しい番号をご確認ください。またダイヤル錠番号に合わせてもポストが開かない場合は、番号の合わせ方を間違えられていることがございます。今一度、設定番号の合わせ方を下記でご確認下さい。

●ご使用のポストのタイプをお選びください。
 
【横型ポスト錠】   【W-1型】  
【フラット横型ポスト】
※裏面(後取り出し)
     
【口金タイプ】 【D-1型】  
 
 
 
 
【横型ポスト錠の場合】
取扱説明書に同梱している解錠番号シールに従ってダイヤルを回してください。
(右図の番号は説明のための一例です)
 
  1. ダイヤル錠を時計回りに2回以上回して「5」に合わせます。
  2. ダイヤル錠を反時計回りに4コマ戻して「1」に合わせます。
  3. ダイヤル錠を引いて開けます。
 
 
 
【W-1型(オプション)・フラット横型ポスト(前入れ後ろ取り出し)の場合】
  1. つまみの目印を時計回りに2回以上回して「0」に合わせます。
  2. つまみの目印を反時計回りに4コマ戻して「6」に合わせます。
  3. つまみを引いて開けます。
 
 
 
【口金タイプ(オプション)・箱型タイプ(オプション)の場合】
取扱説明書に同梱している解錠番号シールに従ってダイヤルを回してください。
(右図の番号は説明のための一例です)
 
  1. つまみの目印を時計回りに2回以上回して「0」に合わせます。
  2. つまみの目印を反時計回りに5コマ戻して「5」に合わせます。
  3. つまみを引いて開けます。
 
 
 
【D-1型の場合】
取扱説明書に同梱している解錠番号シールに従ってダイヤルを回してください。
(右図の番号は説明のための一例です)
 
  1. ダイヤル錠を時計回りに2回以上回して「2」に合わせます。
  2. ダイヤル錠を反時計回りに2コマ戻して「4」に合わせます。
  3. ダイヤル錠を引いて開けます。
※目印が横にあるダイヤル錠もあります。
例:LS-1、ファンクションユニット4~11型、ファンクション門柱1・2型、パリサードファンクション1・2型 など
 
 動画でもご覧いただけます。
file_image
 
 
 
②ダイヤル錠が破損している場合
上記の開け方を今一度確認してください。それでも開かない場合はダイヤル錠の破損または錠受け部分の変形等が考えられます。
 
ダイヤル錠が破損していたり錠受け部分が変形している場合は、部品やポスト本体の交換が必要です。
 
お求めいただいた商品取扱店にご相談頂くか、下記リンクより「LIXIL修理受付センター」に修理をご依頼ください。
---------------------------------------------------------
・インターネットでの修理のお申し込み
 file_image  file_image

お電話での修理のお申し込み
---------------------------------------------------------

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム(一般のお客さま向け)
  • 電話での問い合わせ(一般のお客さま向け)