システムメンテナンスのお知らせ

日頃はLIXILホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。

現在、システムメンテナンスのため、ホームページのFAQサービスがご利用頂けません。

お客さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

  • No : 6440
  • 公開日時 : 2014/10/20 16:45
  • 印刷

テラス,カーポート屋根の音鳴りについて知りたい。

 

太陽光があたるとアルミ形材と樹脂屋根材の温度が上昇し膨張します。
アルミと樹脂で膨張率に違いがあり、樹脂の膨張率はアルミの約3倍になります。
屋根材をビスなどで固定した場合、膨張でひび割れを起こしてしまいます。
したがって、屋根材の割れを防止するため、樹脂屋根材の固定方法は図1のようにアルミ形材(たる木、たる木カバー)とパッキン材(先付ビード、後付ビード)にはさまれた押え方式になっています。そのため膨張率の差から接触面で摩擦が起こり音が発生します。温度が下降し収縮した場合も同様に音が発生することがあります。
このように膨張、収縮により音が発生しますが、自然現象であり性能上問題ありません。
音は表面温度変化が急激な場合のみの発生で、一定温度では膨張が止まり、音は発生しません。

【図1】屋根固定方法

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム(一般のお客さま向け)
  • 電話での問い合わせ(一般のお客さま向け)