• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 7273
  • 公開日時 : 2014/11/26 17:00
  • 更新日時 : 2021/01/06 14:56
  • 印刷

玄関引戸のセキュリティサムターンの使い方を教えてください

 

【断熱玄関引戸PGシリーズ、玄関引戸k6シリーズについて】
 
■解決方法

[断熱玄関ドア・引戸 エスキューブ、スライディングドア・エルムーブの場合]

●本セキュリティサムターンは、外装用の鍵(施主キー)で内錠のシリンダーを操作することでサムターンをセキュリティ状態にセットすることができます。

【セキュリティ状態とは】

●サムターンを操作しても施解錠操作ができない状態 。(外出時など、ガラスを壊されても解錠操作ができないため、不正侵入を防止できます。)

〈セキュリティ状態のセット方法〉

  1. 鍵を室内側のシリンダーに差込み、右に回転させます。
  2. 表示窓の色が「蛍光色」に変わります。
  3. 鍵を水平に戻して抜きます。

※ セット後は、サムターンで施解錠の操作はできません。


 
【通常状態】

● サムターンを上下に操作すると施解錠ができる状態。

〈セキュリティ状態の解除方法〉

  1. 鍵を室内側のシリンダーに差込み、左に回転させます。
  2. 表示窓の色が「蛍光色」から「台座と同色」に戻ります。
  3. 鍵を水平に戻して抜きます。

※ サムターンをゆっくり上にあげると解除されます。(通常状態になります。)

※ セキュリティ状態 のときは、サムターンの表示が「閉」であっても、施錠されていないおそれがありますので、就寝時などは、施錠されているかを確認してください。



[断熱玄関引戸k3、k4シリーズの場合]

●ツマミを外す場合
  1. ツマミを引張りながら
  2. 左にまわすと
  3. Bツマミが抜けます
  4. ツマミが抜けた後、セキュリティサムターンのシリンダーは一番下まで下がった状態になります。
●ツマミを取付ける場合

ツマミを差込み、右にまわしてゆっくり上げます。
※施錠状態からの取外しも同様です。



【エルムーブ2について】

●就寝・在宅の場合

※ポイント
・ツマミは鍵形状していますが、抜けるだけの構造です。
・抜いたツマミは、玄関のそばで一定の場所に保管されることをお勧めします。

1.右(右吊の場合)に回します。


2.施錠状態になりました。


3.下のボタンを押したまま、ツマミを引き抜きます。

 

●外出の場合

※ポイント
・ツマミは鍵形状していますが、抜けるだけの構造です。
・抜いたツマミは、玄関のそばで一定の場所に保管されることをお勧めします。

1.下のボタンを押したまま、ツマミを横にして差し込みます。


2.左(右吊の場合)に回して解錠状態にします。


3.下のボタンを押したまま、ツマミを引き抜きます。


4.外に出てドアを閉め、上下の鍵を施錠してください。



V型ハンドルのセキュリティサムターンつまみの取外し
V型把手の場合、ボタンの位置は把手の上側にあります。



[セキュリティサムターンの使用目的]
一時期「ピッキング」という進入方法が横行しましたが、鍵の性能が高まり、減少しました。次いで増えてきたのがガラスを破り、または治具を差込み、室内側のサムターン(ツマミ)を回して進入する「サムターン」回しという進入方法です。その進入方法に対抗する目的でつくりだされたのが「セキュリティサムターン」です。
ツマミを外してしまえば、外からは開けられないという発想です。

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム