• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 7491
  • 公開日時 : 2014/11/26 17:01
  • 更新日時 : 2020/12/25 10:53
  • 印刷

洗面台の水栓(蛇口)の湯・水の出方が悪い。対処方法を教えて下さい。

 

以下の原因が考えられます。対処方法1~3をお試しください。

1.止水栓の調整が出来ていない
2.泡沫ユニット・散水板に汚れやゴミ等で汚れている
3、シャワーのストレーナーが汚れている
 
<用意するもの>

 
対処方法1:湯水の吐水量の調整

キャビネット内の給水・給湯配管の接続されている止水栓で、以下の手順に従って吐水量の調整をお試しください。


①湯側の調整
レバーハンドルを湯側いっぱいに回した状態で吐水し、給湯配管に接続されている止水栓(配管に向かって左側)をマイナスドライバーで回して吐水量を調節してください。

②水側の調整
レバーハンドルを水側いっぱいに回した状態で吐水し、給水配管に接続されている止水栓(配管に向かって右側)をマイナスドライバーで回して吐水量を調整してください。
※従来ハンドルに比べ、エコハンドルの場合は水側への動き幅が小さくなります。

(吐水量調節時の注意)
※最大吐水量の目安は約6.5リッター/分(1分間に6.5リッター)が適当で、市販の小型バケツ(容量3リッター)が約30秒でいっぱいになる状態です。

※吐水量が多くなりすぎて、水あふれや、水はねがない事を確認してください。
 

【お願い】
レバーハンドル中央の位置で吐出し、水はねがないか、オーバーフローをこえて水あふれがないかを確認してください。
それでも水・お湯の出が悪い場合吐水口キャップの清掃をおこなってください。
※吐水キャップの清掃をおこなった後は、整流吐水とシャワーを切り替えて、清掃前と同様に使用できることを確認してください。

 
対処方法2:泡沫ユニット・散水板のお手入れ

泡沫ユニット・散水板に汚れやゴミがあると水の出が悪くなります。下記の要領でお手入れしてください。

①散水板(シャワーフェイス)を時計回りで緩めます。

※吐水口にロックが付いている場合は「散水板(ロック付)の清掃方法」をご確認ください。

②泡沫ユニット・散水板の汚れ・ゴミを取り除いてください。

※下図は一例です。機種によりシャワーヘッドや散水板・ストレーナーの外せないものもあります。詳しくは、お使いの商品の取扱説明書をご確認ください。

 
対処方法3:ストレーナーの清掃方法

シャワーヘッド内のストレーナーが詰まると、吐水量が減ったり、水の出が悪くなります。定期的な清掃をお願いいたします。

①シャワーヘッドを反時計回りに回して外し、ストレーナーを取り出します。

②ストレーナーを歯ブラシなどで水洗いします。

③清掃後は、逆の手順で組み立ててください。

※左図は一例になります。機種によりシャワーヘッドの外せないものもあります。詳しくは、お使いの商品の取扱説明書をご確認ください。


 
上記処置をしても直らない場合は、お買い求めの取扱い店、または下記 「LIXIL修理受付センター」に修理をご依頼ください。

◆インターネットでの修理のお申し込み

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム