• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 7588
  • 公開日時 : 2014/11/26 17:02
  • 更新日時 : 2021/02/24 16:33
  • 印刷

室内ドア・引戸の扉本体が反っている。対処方法を教えてください。

 

現在、木質建具に使用されている木質材料(パーティクルボード、MDFなど)は、どうしても空気中の水分を吸収・放出して伸縮する特性を持っています。これは温度、湿度などの環境条件が変化することにより起こる自然現象といえます。



 

反りをできるだけ、抑える方法としては、下記の点にご注意ください。

・冷暖房機器をお使いの場合、冷風や熱風が直接当たらないようにご配慮ください。
・製品に直接日光が当たる場所は、窓にカーテンやブラインドなどを設けて日光をさえぎってください。
・製品周辺(例えば室内引戸の室内側と室外側)において温度、湿度などの環境条件の差を極端に大きくしないでください。
・発生した「反り」は経時により、小さくなる場合があります。開閉に支障がない限りしばらく様子を見てください。
 
※お使いの商品の建付け調整で、干渉を軽減することができます。ドア・引戸のタイプによって調整方法が異なります。
詳しくは、お使いの商品の取扱説明書をご確認ください。
また、上記で解決しない場合は点検・修理が必要です。お買い求めの工務店様または販売店様にご相談ください。
弊社修理をご希望の場合は、下記 「LIXIL修理受付センター」に修理をご依頼ください。

◆インターネットでの修理のお申し込み
※ビジネスのお客さまはお取引先を通じてご相談ください。

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム