• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 7600
  • 公開日時 : 2014/11/26 17:02
  • 更新日時 : 2021/01/15 15:34
  • 印刷

室内引戸本体が動きにくい(Vレール引戸)。対処方法を教えてください

 

<ご注意!>
扉落下の危険性がありますので、ドア調整・着脱などの丁番調整作業は ドアを支える方を入れて 2名様以上で作業されることをお薦めいたします。


【解決方法】
 
下レールにゴミはたまっていませんか?または、戸車にゴミは詰まっていませんか?
扉を外し、レールにゴミがたまっていないか、戸車はスムーズに動くか、ご確認をお願いいたします。

扉の外し方はこちらをご参照ください。
 


 
ゴミがたまっている、戸車の動きも悪い場合はこちら。

ゴミはたまっていない、戸車の動きはスムーズな場合は、さらに下記をご覧いただき、部位の特定をお願いいたします。
扉を開け閉めする際に干渉している部位はありますか? または閉める際に重くなる個所はありますか?

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム