• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 7616
  • 公開日時 : 2014/11/26 17:02
  • 更新日時 : 2021/02/24 15:01
  • 印刷

室内引戸がきちんと閉まらない/隙間ができる。対処方法を教えてください。

 

<準備する工具>

手回しドライバー

<ご注意!>
建付け調整は、必ず、手回しドライバーをご使用ください。電動ドライバーを使用した場合は、ねじ頭が壊れる恐れがあります。





【対処方法】

扉の建付け調整を行ってください。引戸のタイプによって対処方法が異なります。


上吊引戸の場合
Vレール引戸(敷居にレールがあるタイプ)の場合


【上吊引戸の場合】

・下図を参考に上下、左右の調整を行います。


■上下調整(調整幅+4mm、-1mm)
プラスドライバーで吊車上部の調整ねじを右に回すと本体が下がり、左に回すと本体が上がります。
※床面と本体下部とのチリ寸法は、8mmが標準です。
※本体を下げ過ぎるとガイドピンベース部と本体が当たりますので、下げすぎないでください。

■左右調整(調整幅±2mm)
左右調整は片引きの場合、中縦枠と本体のチリが大きい(小さい)場合(標準チリ9mm)に実施してください。引違いの場合、本体同士のチリが大きい(小さい)場合(標準チリ8mm)に実施してください。プラスドライバーで吊車下部の調整ねじを左に回すと本体が右へ動き、右に回すと本体が左に動きます。
※前後調整した場合は、本体が常に垂直になるようにガイドピンおよび縦枠下部のブレ止めの調整をしてください。調整しないと開閉操作が重くなる場合があります。


【Vレール引戸の場合】

・下図を参考に上下の調整を行います。

アンケートにご協力ください お困りごとは解決しましたか?

FAQに関するご意見・ご感想をお寄せください ※このフォームに対して個別の回答はできませんのでご了承ください

お調べの情報がみつからないときには…

  • 取扱説明書閲覧
  • お問い合わせフォーム